1. TOP
  2. 120周年記念事業

創基120周年記念事業

趣意書

 広島商船高等専門学校は明治31年5月10日に東野村外12ヶ町村の組合によって創基されて,来る平成30年5月10日に120周年を迎えます。大崎上島は瀬戸内海の中央にあり,地政学的な優位性により,交易の要衝の地にあります。長期に渡り国内交易の重要拠点の1つとしての役割を果たして来ました。海運業は経済活動に必須な荷物輸送と同時に各地の情報をつなげる役割を担い,日本経済の成長の基盤を支えてきました。また,内海経済に大きな影響を与える造船・海運の拠点の地に広島商船高等専門学校の存在は必然な意味があり,海運業界,殊に船員養成においては日本経済を支える基幹産業の一翼を担っております。

 昭和42年6月に国立広島商船高等専門学校に昇格して以来,航海学科・機関学科がそれぞれ社会のニーズに応じて学科改組を行い,昭和60年に流通情報工学科,昭和63年に電子制御工学科へと学科改組を行い,現在の商船学科との3学科体制に至っています。

 卒業生6,700余名は母校を支援する校友会を組織化しており,国内外海運業,製造業,流通業,ICT業及びサービス業において製造・技術サービス業界等,幅広い活躍をしています。

このような長い伝統を守りつつ,さらなる優秀な人材を輩出する広島商船高等専門学校となることを祈念して,ここに「120周年記念事業後援会」を設立し,「創基120周年記念行事及び事業」を計画して実施することとしました。皆様方の幅広いご賛同お願い申し上げます。

 平成29年4月吉日

独立行政法人 国立高等専門学校機構

広島商船高等専門学校  

 校  長   辻  啓 介

120周年記念事業後援会

 名誉会長  寺 田   稔

 会  長  高 田 幸 典

「創基120周年記念行事及び事業」

1 記 念 行 事

① 記念式典

② 合同慰霊祭

2 記 念 事 業

① 学生支援事業

② 教育・研究のための環境基盤整備事業

③ 交流支援事業

④ 120年史刊行

⑤ 創基碑(創基地)建立  他

※ 上記1の記念行事実施時期は,平成30年10月20日(土)に実施いたします。

基金募金のお願い

この度の広島商船高等専門学校創基120周年記念事業は,広島商船高等専門学校が輝く未来の創生を祈念するものです。記念事業を盛会に導き,学生支援・交流支援事業及び教育基盤整備事業等の推進のため,寄付金を募ります。皆様方のご協力,幅広いご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

1 目的 広島商船高等専門学校120周年を記念する事業等(今後20年間の学生支援・交流支援事業・教育基盤整備事業)を行うための寄付金(基金)とします。

2 寄付金の範囲 校友会会員・奨学後援会会員及び本校教職員並びに本事業の趣旨に賛同される各方面の有志の方とします。

3 募金目標金額 3,000万円

募金は1口1万円,3口以上とします。

4 寄附金の申込及び振込方法

次の取扱金融機関の口座へ振込手数料寄附者ご負担の上,ご入金願います。

【振込口座】

口座名義:広島商船高等専門学校120周年記念事業後援会

銀行名:ゆうちょ銀行 金融機関コード:9900

預金種目:当座

店名:一三九店 店番:139

口座番号:0092339

5 募金及び寄附金は,「広島商船高等専門学校120周年記念事業後援会」口座により管理し,校長の責任において拠出します。

【寄附金に対する税法上の優遇措置

この寄附金は,所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第2号)又は法人税法上の全額損金算入を認められる寄附金(法人税法第37条第3項第2号)となります。

ご寄附いただいた寄附金は,下記の基準により個人又は法人の所得から控除され,税法上の優遇措置を受けることができます。

◇個人の場合

所得税については,寄附金が2,000円を超える場合,その超えた金額が当該年の所得から控除されます。ただし,寄附金の額が総所得金額等の40%を上回る場合は,40%を限度とします。

所得控除額 = 寄附金額 - 2,000円

個人住民税については,都道府県・市区町村が条例で本校を指定している場合,2,000円を超える部分について税額控除されます。詳細につきましては,お住まいの都道府県・市区町村にお問い合わせください。ただし,寄附金の額が総所得金額等の30%を上回る場合は,30%を上限とします。

◇法人の場合

全額損金算入が可能です。

募金に関するお問合せ先

〒725-0231
広島県豊田郡大崎上島町東野4272-1

広島商船高等専門学校 総務課財務係

TEL:0846-67-3010 FAX:0846-67-3017