1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 電子制御工学科
  4. 佐藤 正知

佐藤 正知

教員紹介

氏名 / 英名 佐藤 正知 / Tadatomo Sato
学科 電子制御工学科
職位 准教授
学位 博士(工学)
役職・委員 学生主事補, 寮務委員
専門分野 無線通信工学
担当教科

電磁気学基礎(2年), 計測工学(3年), 通信工学(5年), 技術者倫理(4年), 工業英語(5年), 実験実習(1,2,3,4年), 卒業研究(4,5年)

所属学会・協会 電子情報通信学会,IEEE
TEL・E-mail (代表)0846-65-3101

担当科目と概要

電気磁気基礎(2年)

本科目の目的は、

  • 自然科学(物理)の一分野である電磁気学について基礎的な知識を習得すること
  • 電気磁気に関する諸現象を数式や図を用いて説明できること
  • 習得した知識を実際に活用できるようになること

である。すなわち、物理で習った基礎的な電気の分野をさらに発展させ、電界・次回における様々な現象の物理的な意味と基礎的な法則・理論について学習する。これにより電磁気学に関する基礎的な専門的知識・技術の習得を目指す。

到達目標

  1. 電磁気学を理解するために必要なベクトル量・スカラー量等の微積分演算などの数学を習得できること
  2. 電界や磁界等の電磁現象の物理的意味を理解し、適切な図や数学を用いて説明できること
  3. 電界・磁界に関する法則や定理を利用して、基本的な計算ができること
  4. マックスウェルの方程式の基礎を理解し、電磁波伝搬の基礎を理解していること

計測工学(3年)

本科目は、自然科学や専門分野の知識・技術として計測や制御に用いられる各種センサの構造と動作原理を理解しこれらのセンサの適用事例を知るとともに計測した数値の処理の方法を習得する。

到達目標

  1. SI単位系について理解し、使用できる
  2. 測定の方法の分類を知り、それぞれの方法の特徴を理解する
  3. 測定値の有効数字と誤差の関係を理解する
  4. 測定に用いられる多種多様な計器やセンサの検出原理を理解し、適用方法を知る
  5. 測定値の処理の方法と活用方法を知る

通信工学(5年)

本科目は、情報の通信方式・符号化方式、通信に関する機器・運用方法などを扱い、音声・画像などの信号を電気信号に変えて伝送する手段について学ぶ。

到達目標

  1. 通信は符号化とそのプロトコルにより成り立っていることを説明できる
  2. 現在までの通信に係る方法の概要を説明できる
  3. デジタルネットワーク技術による通信を理解して、説明できる

研究紹介

主な研究テーマ

  • プリコーデッドOFDM伝送方式に関する研究
  • ディジタル変調におけるビットラベリング最適化の研究

技術相談分野・キーワード

  • 無線通信技術 ( MIMO, OFDM, 誤り訂正符号など )
  • IoT ( Internet of Things )
  • センサネットワーク

研究内容
 <プリコーデッドOFDM伝送に関する研究>

研究の目的と内容

近年、携帯電話や無線LAN、地上デジタル放送などで採用されている無線通信技術として直交周波数分割多重(OFDM)伝送があり、大容量の情報伝送が可能で山間部などで特に発生する長遅延波による伝送品質劣化に強い性質を持っている。これまで、8K放送などに求められる伝送速度を達成するべく、OFDM伝送のさらなる大容量化を目指してOFDM伝送の周波数ダイバーシティ利得を効果的に用いることで高符号化率の誤り訂正符号を利用しても劣化が起こりにくいOFDM信号の生成法とその反復復調方式の理論解析や計算機シミュレーションによる評価を行っている。

業績

論文(査読有)

  • 富岡涼,中村正祐,佐藤正知,"拡張マッピングを適用した空間変調のビットラベル最適化法", 電子情報通信学会論文誌B Vol.J99-B, No.1, pp.26-29, Jan. 2016.
  • 木村優馬,佐藤正知,"MU-MIMO下り回線における一般化不完全ブロック対角化法のための重みベクトル算出法", 電子情報通信学会論文誌B Vol.J98-B, No.12, pp.1298-1301, Dec. 2015.
  • 畠山恵補,中村正祐,佐藤正知,"非直交周波数分割多重伝送のためのICIの影響を低減する符号化変調法", 電子情報通信学会論文誌A, Vol.J98-A, No.12 pp.691-694, Dec. 2015.

国際会議(査読有)

  • Syuhei Higashiyama, Tadatomo Sato, "A study on a combination of bit-labeling and error-correcting code for multi- level QAM", Proceedings of the 13th (2016) Asia-Pacific Wireless Communication Symposium, (2016)

学会・シンポジウム等 発表

  • 佐藤正知,"NOFDM伝送のためのソフト干渉キャンセラを考慮したBICM-ID方式", 電子情報通信学会技術報告 Vol.116(206), pp.29-34, Sept. 2016.

社会活動等

所属学会

電子情報通信学会,IEEE

クラブ顧問

バスケットボール部

水曜日以外の週6日、第2体育館にて活動しています。高体連、高専、大学リーグなどで試合を行います。