1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 電子制御工学科
  4. 若松 裕紀

若松 裕紀

教員紹介

氏名 / 英名 若松 裕紀 / WAKAMATSU Yuki
学科 電子制御工学科
職位 講師
学位 博士(工学)
役職・委員 寮務主事補
専門分野 流体工学・数値流体力学・空力音響学・圧縮性流体力学
担当教科

設計製図(3年)・制御工学Ⅰ(4年)・機械力学(4年・5年)・熱流体工学(5年)

実験実習(1年)・実験実習(4年)

卒業研究(4年・5年)

資格等
所属学会・協会 日本機械学会・日本流体力学会
TEL・E-mail (代表)0846-65-3101

担当科目と概要

設計製図(3年)

    設計製図は、機械工学の加工系科目の基礎をなす科目である。製図の基礎を学習し、製品を製図できるようになることを目的とする。

  1. ものづくりに対する開発能力の基礎を育成する。
  2. 学習内容は、機械製図法である。
  3. 本演習として、JW-CADを用い、本科目の理解を深めるとともにその活用能力を身につける。

制御工学Ⅰ(4年)

制御工学の基礎となる古典制御の理論、ならびに制御系設計法について講義する。

  1. フィードバック制御の基礎概念
  2. システムモデリング(微分方程式・ラプラス変換・伝達関数)
  3. システムの特性(過渡特性・周波数特性)
  4. 制御系設計(制御仕様・安定性・定常誤差解析・PID制御)

機械力学(4年・5年)

     機械力学では機械の振動を運動方程式を用いて説明できるようになることを目的とする。

  • 1. 振動の種類および調和振動。
  • 2. 不減衰系の自由振動の運動方程式
  • 3. 減衰系の自由振動の運動方程式
  • 4. 外力による減衰系の強制振動の運動方程式

熱流体工学(5年)

流体力学および熱力学の講義を行う

  • 流体力学の基礎(静止流体の力学・ベルヌーイの式・運動量保存)
  • 物体周りの流れ(抗力や揚力、境界層、層流、乱流)
  • 熱力学の基礎(熱力学第一法則、熱力学第二法則)
  • サイクル(熱機関・蒸気タービンサイクル・冷凍サイクル)

実験実習(1年)

機械工作の基礎を理解するため、実際の工具を用いて部品を製作する実習を行う

  • 前期 機械工作Ⅰではノギスの使い方の説明、ケガキ、金のこを用いた切断、ボール盤による穴あけを行う
  • 後期 機械工作Ⅱでは、代表的な工作機械であるNCによる切削加工に必要なNCプログラミングを行う

実験実習(4年)

  • 前期 ものづくり実習では、流体力学を応用したものづくりを行っている
  • 後期 制御工学実験Ⅲでは、過渡応答や周波数応答をソフトウェアを用いて計算する

研究紹介

主な研究テーマ

  • 流体力学の数値計算方法の開発
  • 空力音の発生メカニズムの解明

キーワード

  • 数値流体力学・計算空力音響学・圧縮性流体力学

技術相談分野

  • 流体力学の数値計算方法
  • 空力音のシミュレーション技術

研究内容

概要

従来より正確に計算でき、計算負荷が小さく、大型計算機の能力を十分に活用することができる流体力学の数値計算方法の開発をおこなっています。具体的には、有限差分法において計算領域境界近傍の計算手法の改良や高解像度かつ高次精度の有限差分法の研究をおこなっています。

空気から発生する音を低減するためには、空力音の発生メカニズムを明らかにする必要があります。特に、音速を超えない流速においては渦運動が主要な空力音源となるので、渦運動を制御することができれば低騒音化できる場合があります。そのため、渦運動からの空力音の発生メカニズムを解明する研究を直接数値計算(DNS)によっておこなっています。

業績

学術論文(査読有)

  1. ヒートポンプ給湯機の貯湯タンク内温度分布の高速計算手法の開発, 若松裕紀, 長谷川智, 所健一, 空気調和・衛生工学会論文集, VOL.42, NO.239, (2017) pp.11-18.
  2. 境界近傍フィルタが壁面近傍渦運動から発生する空力音の数値計算に与える影響, 若松裕紀, 渡邊裕章, 井上洋平, 前川博, ながれ, VOL.34, NO.6, (2015) pp.433-444.
  3. 壁面近傍のスキームが壁面近傍渦運動から発生する空力音の数値計算に与える影響, 若松裕紀, 渡邊裕章, 井上洋平, 前川博, 日本機械学会論文集, VOL.81, No.823, (2015).
  4. ハイブリッド給湯システムの機器構成と運転ルールの最適化, 所健一, 若松裕紀, 橋本克巳, 菅谷義昭, 小田修司, 電気学会論文誌C, VOL.134, NO.90, (2014) pp.1365-1372.
  5. コンパクトスキームとコンパクトフィルタの組み合わせの圧縮性流れ数値計算への適用性評価, 若松裕紀, 渡邊裕章, 日本機械学会論文集, VOL.80, NO.816, (2014).

国際会議(査読有)

社会活動等

社会活動

クラブ顧問

水泳部