1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 一般教科
  4. 柴山  慧

柴山  慧

教員紹介

氏名 / 英名 柴山  慧 / Kei Shibayama
学科 一般教科
職位 講師
学位 教育学修士
役職・委員 地域連携室副室長  教務主事補
専門分野 体育・スポーツ経営学,体育科教育学
担当教科 保健体育Ⅰ(1年),保健体育Ⅱ(2年),体育・スポーツ実習Ⅲ(5年),卒業研究(D科)
資格等 専修高等学校教員免許(保健体育科)、専修中学校教員免許(保健体育科)
所属学会・協会 日本体育学会,日本体育・スポーツ経営学会,日本島嶼学会
TEL・E-mail (代表) 0846-67-3186

担当科目と概要

1保健体育Ⅰ・Ⅱ(1・2年)

いろいろなスポーツや運動を通して、その楽しさを学び、生涯にわたってスポーツに親しむ価値観を作り上げることを目的としています。

体育スポーツ実習Ⅲ(5年)

4年生までに授業で学習したことを前提に、自分たちの生涯スポーツを構築するにあたって何が必要なのかということを実習形式で学習します。

卒業研究(D科)

大崎上島に関するスポーツに焦点をあてて、体育・スポーツ経営学の分野から離島のスポーツ振興や学校体育授業などについて研究していきます。

研究紹介

主な研究テーマ

  • 離島におけるスポーツ振興
  • 櫂伝馬

キーワード

 地域スポーツ,課題解決学習,野外教育,アクティブラーニング

主な研究テーマ研究内容

概要

「離島におけるスポーツ振興」という題目で、離島でスポーツをすることと、本土でスポーツをすることの違いはどのようなものなのか、それをふまえてどのような振興策が必要なのかを実践活動もふまえながら研究しています。

特徴

離島で活動されているスポーツ関係者や学校関係者へのヒアリングやアンケート調査を通じて、よりリアルなデータと情報の収集に努めています。

成果

離島でスポーツをするということは、本土ですることに比べて、大会等にかかる交通費や所要時間に倍以上の差が生まれるということ、また、スイミングスクールが無い離島では子どもの水泳能力にも大きな明確な差がでることが明らかになりました。

業績

論文(査読有)

    ①「大阪市内におけるスポーツグラウンドの自然放射線量の測定について」柴山 慧,四天王寺大学紀要 (57), 315-328, 2013
    ②「学習者の主観的評価からみた学習指導要領高等学校保健体育科の目標における達成度について」柴山 慧 , 赤松 喜久 , 大山 創志,四天王寺大学紀要 (56), 333-343, 2013
    ③「グラブを用いた捕球動作の練習効果に関する基礎的研究 : 女子大学生を対象として」奥野 暢通 , 岩橋 亜由佳 , 柴山 慧,四天王寺大学紀要 (56), 319-331, 2013
    ④「持続的かつレジリエントな社会へ向けてわが国の災害医療対策 : キューバの自然伝統医学と災害対策の調査研究からの教訓」諌山 憲司 , 小野 直哉 , 柴山 慧,Japanese journal of disaster medicine 21(2), 179-187, 2016-11

国際会議(査読有)

学会発表

    ①「近畿地方における体育系大学のドーピングに関する教育課程の現状について」(一般研究発表)共同(代表者)2005年3月27日,大阪体育学会第43回大会
    ②「幼稚園に併設する水泳施設と水泳プログラム」(ポスター発表)共同(協力者)2013年8月,第9回アジア幼児体育学会
    ③「体育授業における注意不足・欠如と水泳能力の関連性」(一般研究発表)共同(協力者)2014年8月6日,日本スポーツ健康科学学会
    ④「ハードル走学習時において学習者が意識する言葉、支援者からかけられる言葉の有効性について」(一般研究発表)共同(代表者)2014年8月27日,日本体育学会第65回大会
    ⑤「キューバ共和国からの教訓―持続可能な地域医療・福祉・災害レジリエンスへの活用―」(一般研究発表)共同(協力者)2016年2月27日,日本国際医療学会西日本大会
    ⑥「離島におけるスポーツ環境について-運動部活動に焦点をおいて-」(一般研究発表)単独,2016年3月14日,日本体育・スポーツ経営学会
    ⑦「大崎上島の16歳における体力・運動能力等の現状」(一般研究発表)共同(代表者)2016年9月3日,日本島嶼学会2016年次大会
    ⑧「離島におけるスポーツ環境-大崎上島での卓球に焦点をあててー」(一般研究発表)共同(協力者)2016年9月3日,日本島嶼学会2016年次大会
    ⑨「離島(大崎上島)における鳥獣被害-イノシシ被害の原拠と地域との関連-」(一般研究発表)共同(協力者)2016年9月3日,日本島嶼学会2016年次大会
    ⑩「地域における鳥獣被害 -離島(大崎上島町)におけるイノシシ被害の現況と 共生に向けて-」(一般研究発表)共同(協力者)2016年10月,2016年度共生社会システム学会
    ⑪「地域における鳥獣被害の社会リスク構造」(一般研究発表)共同(協力者)2016年10月,日本リスク研究学会第29回大会

学内紀要

    ①「大崎上島住吉祭における櫂伝馬競漕関係者の意識について」柴山 慧 , 御堂 渓,広島商船高等専門学校紀要 37, 77-85, 2015-03-30
    ②「商船高専の体育授業における野外教育導入の取り組みについて」柴山 慧 , 岩井 一師 , 松本 英樹 , 竹内 康二 , 大浦 勝也 , 高橋 良幸 , 清田 耕司 , 茶園 敏文 , 薮上 敦弘 , 大内 一弘 , 三阪 晃 , 清水 和敏 , 山田 健治 , 江草 佳弘 , 前川 一高,広島商船高等専門学校紀要 38, 59-68, 2016-03-30
    ③「離島高齢者におけるQOLの充実・向上に関連する検討 - 健康支援を目的とした身体機能計測に関する一考察 -」岩井 一師 , 柴山 慧 , 穆 盛林 , 藤冨 信之 , 吉田 哲哉 , 成清 勝博 , 梶原 和範 , 大和田 寛 , 浜崎 淳 , 芝田 浩 , 今井 慎一 , 松島 勇雄,広島商船高等専門学校紀要 38, 163-171, 2016-03-30
    ④「日本国内における櫂伝馬」柴山 慧 , 小河 浩 , 朝倉 和 , 山下 航正 , 木下 恵介 , 岸 拓真 , 中道 豪一 , 御堂 渓 , 慶川 源将,広島商船高等専門学校紀要 広島商船高等専門学校 編 (39), 61-65, 2017-03-30
    ⑤「離島のインテリジェント化に向けた構想」清田 耕司 , 柴山 慧 , 木下 恵介 , 諌山 憲司 , 辻 啓介 , 松島 勇雄,広島商船高等専門学校紀要 広島商船高等専門学校 編 (39), 107-112, 2017-03-30

その他

社会活動

社会活動

    ①大阪府総合型地域スポーツクラブ育成委員(平成18年4月~平成20年3月)
    ②東野すみよし祭櫂伝馬競漕運営委員(平成27年~)
    ③大崎上島町健康増進計画策定推進委員(平成28年度~)

クラブ顧問

陸上競技部

短距離、跳躍、投てき、中長距離、競歩、混成と、それぞれのパートで一緒に練習する日や自分で自分の練習を考えて実行する日を織り交ぜながら、自分で考えて行動できるよう指導しています。また、学生には陸上競技だけにかぎらず、地域の子どもたちへの陸上教室や農家のお手伝いなどボランティア活動も体験させながら、幅広い人格形成に寄与できればと考えています。

フライングディスク同好会