1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 流通情報工学科
  4. 永岩 健一郎

永岩 健一郎

教員紹介

氏名 / 英名 永岩 健一郎 / Kenichiro Nagaiwa
学科 流通情報工学科
職位 教授
学位 博士(工学)
役職・委員 専攻科長
専門分野 ロジスティクス、物流
担当教科

流通と情報(2年)、情報基礎(経営)(3年)、物流施設計画(4年)、輸送計画(5年)、
数理計画(専攻科)、輸送ネットワーク(専攻科)

流通演習(2年)、流通情報工学演習(4年)

資格等
所属学会・協会 日本物流学会、日本航海学会、日本沿岸域学会、海運経済学会
TEL・E-mail (代表)0846-65-3101

担当科目と概要

流通と情報(2年)

(1) 産業経済の発展と消費生活について、我が国の産業の変化と消費生活の向上について学習する。
(2) 商品の成り立ち、特性、売買の成立要件、商品のソフト化、商品開発などについて学習する。
(3) 流通の仕組み、環境変化と流通、物流、金融、保険について学習する。
(4) 流通における情報と通信の役割、流通情報ネットワークシステム、情報・通信とコミュニケーションについて学習する。
(5) ビジネスの創造やベンチャービジネス、商品研究について学習する。

情報基礎(経営)(3年)

 現代の社会では、ITが生活の隅々まで浸透しています。ITを日常的に活用することで、私たちの仕事や暮らしはとても便利なものとなりました。今なおITは成長を続け、新しい情報技術を取り入れた社会へと発展を遂げています。
 こうした中、国民一人ひとりが働く上でも生活する上でも、ITを正しく使いこなす術(すべ)や正確な知識を身につけてこそ、その効果が最大限発揮され、望ましいIT社会の実現に向かうと期待されます。
 これからの社会では、全ての人が、「読み、書き、計算力、英語力」とともに「IT力」が、最低限身に付けておいて欲しい基礎的素養について学習する。

物流施設計画(4年)

 物流において物流施設の役割や仕組み、配置計画の考え方を理解しておくことは非常に重要である。本講義では、物流施設ーの仕組みを理解するとともに、物流施設の最適な配置を求める。また、実際に配置された物流施設の運用効率を高めるため管理方法についても学習する。
離島地域における夜間に交通が遮断されるような場合の配置問題についてもモデルケースとして取り扱い、地域問題を理解する。

輸送計画(5年)

 輸送計画は,社会システムや工学システムを数量的な側面からモデル化し,数理的手法を適用することによって望ましい輸送指針や効率的な輸送方策を見出すための学問である.本講義では,生産や輸送の問題を「いくつかの条件を満たす変数の組のなかで,ある関数の値を最大(小)にするものを求める」という最適化問題の形に記述して,問題あるいはその解のもつさまざまな性質を解析する方法を学ぶ.また,精密な解を求めるための数学的に厳密な算法だけでなく,許された時間内にできるだけ良質の解を得る近似解法についても理解を深め,ロジスティクスなどの現実の問題に応用する能力を養うことを目標とする.また、離島地域における輸送計画の特徴についても理解を深める。

数理計画(専攻科)

 良い品質の製品やサービスを効率よく提供するシステムを設計するために学修する.本講義では、企業という経営組織の概念をはじめ、数理計画法の歴史的背景や経営管理・経営計画,起業計画,販売管理などに付いて解説する.また,計量分析,スケジューリング,意思決定方法(待ち行列など)など企業経営に要する知識とテクニックを解説する.ワークショップではICT機器を活用して、遠隔グループワークのためのノウハウを修得し、実践する。本授業は就職や就職後の業務に関連する.また、進路や人間力向上に関連するトピックスは適宜、紹介する。システム工学的知識を養うことで,自分たちが生活する社会が持続的に発展するように貢献できる能力を身につける。【複数教員担当方式,オムニバス方式,連携教育科目】

輸送ネットワーク(専攻科)

 本講義では,輸送ネットワークの問題を「いくつかの条件を満たす変数の組のなかで,ある関数の値を最大(小)にするものを求める」という最適化問題の形に記述して,問題あるいはその解のもつさまざまな性質を解析する方法を学ぶ.また,表計算ソフトによる線形計画問題の解析ツールを用いるために、問題を定式化し求めるための手順について理解を深め,ロジスティクスなどの現実の問題に精通し、研究成果や最新の技術を応用する能力を養うことを目標とする.

研究紹介

主な研究テーマ

  • モーダルシフトに関する研究
  • 内航海運に関する研究
  • 離島の買い物弱者に関する研究
  • 地方のコンテナ港湾の競合に関する研究

キーワード

  • 離島交通
  • 離島物流
  • 内航海運
  • モーダルシフト
  • 物流施設配置問題
  • 非集計ロジットモデル

技術相談分野

  • 離島交通の運航スケジュール管理
  • 離島の買い物難民問題の技術支援
  • 物流スケジュール問題の支援
  • 内航海運を活用したモーダルシフト方策

利用可能な設備・資料等

  • 物流シミュレータ(Auto Mod)
  • 数理計画最適化ソフト(N-Logit, Lindo,Numerical Optimizer)
  • 統計解析ソフト(SPSS、TSP)
  • GISソフト(Arc GIS,Arc GIS Online)

実績

研究業績

研究業績についてはこちらのサイトをご覧ください。

高専機構研究者情報ポータルサイト

社会活動等

社会活動

日本航海学会査読委員
日本物流学会査読委員

クラブ顧問

バレーボール部

毎週月~金に第1、2体育館にて練習.部員総勢30名。
尾三地区高校総体予選,広島県総体,弓削戦,中国地方高専大会,尾三地区新人戦予選,尾三地区1・2年生大会などに出場。