1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 流通情報工学科
  4. 岩切 裕哉

岩切 裕哉

教員紹介

氏名 / 英名 岩切 裕哉 / Yuya Iwakiri
学科 流通情報工学科
職位 准教授
学位 博士(工学)
役職・委員 流通情報工学科4年担任
専門分野 情報工学
担当教科

流通情報工学実習(2年),プログラミング基礎(3年),ソフトウェア開発演習(5年),

コンピュータ活用概論Ⅱ(専2年)

流通演習(2年)流通情報工学演習(4年)

資格等 第一種情報処理技術者
所属学会・協会 情報処理学会
TEL・E-mail (代表)0846-65-3101

担当科目と概要

流通情報工学実習(2年)

Scratch(前期),Processing(後期)によるプログラミングを通じて、コンピュータのプログラムがどのように動作するのか仕組みを理解する。また、プログラム開発の基本的な手法を体験的に学ぶ。あわせて論理的思考の習得を目指す。作品作りを通して、課題設定や解決方法を身につけ、作品の発表によりプレゼンテーションスキルを身につける。

プログラミング基礎(3年)

この授業では、まずC言語の基礎について学ぶ。また、学んだC言語を利用して、Arduinoマイコンボードで動作するプログラムを作成し、コンピュータが動作する仕組みを学ぶ。ハードウェア、ソフトウェアを通したシステム開発の基礎を学ぶ。ハードウェアの動作を考え、プログラムを作成することで、論理思考の習得を目指す。

ソフトウェア開発演習(5年),中小企業論(5年)

ビジネスが多様化し、それにともない業務システムが利用されているが、システム開発は複雑になり容易なことではない。ビジネスを行う上で重要なシステム構築について学習する。具体的には、ソフトウェア開発・システム開発の流れを学習し、開発計画、要求分析、業務分析、システム分析、オブジェクト指向分析設計など開発段階の手法を、演習を通じて学習する。

コンピュータ活用概論Ⅱ(専攻科2年)

あらゆるメディアで3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)技術が使用されているなかで、どのように3DCGが表現され、制作されているかを演習を通じて学習する。この授業では、Autodesk 3ds Maxを用いてモデリングや表現方法やアニメーションなど基礎を演習主体で学習する。

研究紹介

研究テーマ

  • 認知症予防システムに関する研究
  • 介護記録システムの開発
  • プラント3D案内システムに関する研究

キーワード

  • 高齢者
  • 認知症予防
  • 運動機能の維持改善
  • シリアスゲーム
  • 介護記録
  • Kinect
  • プラント
  • 3DCG
  • タブレット

技術相談分野

  • システム開発
  • 3DCG

研究内容
<認知症予防システムに関する研究>

概要

高齢者を対象とし、娯楽要素を取り入れた認知症予防や運動機能の維持を目的としたリハビリテーション支援システムの開発を行った。

特徴

ICT技術を活用することにより、利用者に合ったリハビリテーションを提供し、楽しみながら継続的に行うことができる。

成果

上肢運動を行うゲーム、下肢運動を行うゲーム、声で遊べるゲームを開発した。

研究内容
<プラント3D案内システムに関する研究>

概要

発電所内を3DCGで再現して案内できるシステムを開発した。3DCGで再現した発電所内を自由に見学できるシステムである。

特徴

3DCGで再現しているため通常では見学できない場所も見ることができる。

社会活動等

社会活動

クラブ顧問

電子計算機研究会

「無いものは作ろう」をモットーに、楽しいと思えるもの・作りたいものを日々作っています。
各種コンテストやハッカソンなどに参加します。

バドミントン部

各種コンテストの指導

全国高等専門学校プログラミングコンテスト
キャンパスベンチャーグランプリ
ケータイあわ~ど