1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 商船学科
  4. 水井 真治

水井 真治

教員紹介

氏名 / 英名 水井 真治 / Shinji Mizui
学科 商船学科
職位 教授
学位 博士(商船学)
役職・委員 副校長(地域交流センター長)
専門分野 海上輸送工学,海上交通工学
担当教科 商船概論Ⅰ(2年生)、操船論(3年生)、物流管理論(4年生)、海運論(5年生)
資格等 3級海技士(航海)
所属学会・協会 日本航海学会、日本工学教育協会,日本島嶼学会
TEL・E-mail (代表)0846-65-3101

担当科目と概要

商船概論Ⅰ(商船学科2年)

  1. 船舶運航に必要となる航海系の知識について、航海学及び運用学を対象に概論の形で幅広く理解する。
  2. 船舶における甲板部業務の実態を把握すると共に実際に担当・運用する航海計器及び甲板機器の知識・取扱い方法を習得する。

操船論(商船学科3年航海コース)

船舶運航者として必要な船舶の操縦に関する初歩的な内容を学ぶ。また学習内容は3級海技士(航海)の運用系科目(操船)に対応した学習内容である。 商船分野の専門的な知識・技術の習得が目標である。

物流管理論(商船学科4年航海コース)

海上輸送は、物的輸送のみならず一般的な生産と消費の物流体系の一部を担っている。この授業では輸送、保管、荷役等の内容に加えて港湾における物流概念についても学習する。商船分野の専門的な知識・技術の習得が目標である。

海運論Ⅱ(商船学科5年航海コース)

社会や産業の状況を把握し、問題点とその原因を発見できる能力を身につけるために海上および陸上を連続的にかつ有機的に輸送できる複合一貫輸送の分野であるコンテナー輸送を中心に学ぶ。さらに航海学分野に精通でき,この分野の研究状況や最新技術動向を把握できるように関連内容を学ぶ。


研究紹介

主な研究テーマ

  • 船舶交通の安全評価に関する研究
  • レーダ映像反射強度に関する研究
  • レーダ映像の解析
  • 離島・沿岸地域における防災・減災対策に関する研究

キーワード

  • 船舶交通の輻輳度、安全性評価
  • レーダ映像の強度、レーダ偽像
  • レーダ映像の安全解析
  • 船舶を活用した防災対策

技術相談分野

  • 船舶の安全評価
  • レーダに関する技術課題
  • 船舶の交通問題
  • 船舶を活用した防災・減災問題

利用可能な設備・資料等

船舶用レーダ及びその画像変換システム、他

研究内容
<島嶼地域における船舶を活用した大規模災害時の対応について>

概要

島嶼沿岸地域において、人や物資の移動は船舶が絶対的な手段である。船舶は自己完結機能を備えており、災害時において、物資支援効果が期待できる。南海トラフ地震のような大規模災害時には船舶を活用した災害対策の整備が重要である。そこで、南海トラフ地震のような大規模災害時の対応について大崎上島を一つの事例として船舶活用から見た災害軽減手法の検討を行った。

特徴

災害時における船舶の持つ輸送機能を最大限に活用するために「携帯電話を利用した船舶と港湾施設のマッチングシステム」を開発した。

成果

自治体と船会社約20社に協力いただき、実用性を検証する社会実験を行いその有効性を確認した。

業績

論文(査読有)

  • 島嶼地域における船舶を活用した大規模災害時の対応について,大野遼太郎,水井真治,辰己公朗,小林豪,日本航海学会,第133号講演会論文印刷中,2016
  • 船舶交通環境の新たな危険度評価に関する基礎的研究-Ⅰ.月坂明弘,水井真治,庄司るり,山田多津人日本航海学会,第132号講演会論文pp.69-76,2015
  • 新カリキュラムとしての道徳教育の評価,内山憲子,松島勇雄,水井真治,他,論文集「高専教育」第37号pp.13-18,2014
  • 高専における戦略的な広報活動の取組み(-広島商船高専における取組みの事例-),水井真治,岩井一師,小田哲雄,内山憲子,藤原滋泰,論文集「高専教育」第37号pp.617-622,2013
  • 新カリキュラムとしての徳育教育の評価(-広島商船高専での人間力育成教育-),内山憲子,松島勇雄,植木唯男,山田重則,志田原友逸,水井真治,論文集「高専教育」第37号pp.13-18,2012
  • 小型FRP船レーダ映像の2次元分布の解析,水井真治,山田多津人,月坂明広,中川義教,日本航海学会,第124号講演会論文pp.71-77,2011
  • AISデータを用いた簡易ナビゲーションシステムの設計,若林伸和,水井真治,塩谷茂明,牧野秀成,日本航海学会,第124号講演会論文pp.79-86,2011
  • 送電線からのレーダ反射信号の解析,山田多津人,水井真治,岩崎希寛,日本航海学会,第122号講演会論文pp.1-6,2010
  • 船舶衝突事故におけるレーダ航跡を用いた避航行動分析に関する研究,岩崎希寛,水井真治,日本航海学会,第120号講演会論文集pp.9-17,2009
  • 瀬戸内海の離島での強潮流時の船舶運航から見た港湾計画のあり方,笹健児,日比野忠史,キョンヘ,水井真治,海岸工学論文集,第55巻pp.1356-1360,2008
  • 荒天時における沿岸域での海難事故から見た船体強度に関する基礎的研究,笹健児,Atilla INCECIK,永井紀彦,水井真治,海洋開発論文集,第24号pp.987-992,2008
  • レーダを用いた船舶交通の実態解明に関する研究(-備讃瀬戸航路を事例として-),畑地紀幸,水井真治,岩崎希寛,日本航海学会,第117号講演会論文集pp.59-66,2008
  • Visiting Surveys of Maritime Colleges in Europe and Consideration of Maritime Education in Future,笹健児,水井真治,論文集「高専教育」第31号,pp.909-914,2008
  • 荒天時の観測波を用いた港外避泊船の船体運動の再現性に関する研究、笹健児,Atilla INCECIK,永井紀彦,清水勝義,水井真治,海岸工学論文集,第54巻pp.1321-132,2007
  • 練習船を活用した青少年への海洋環境体験学習の試み(-アマモから瀬戸内海を考える海洋学習ー),清田耕司,世登順三,水井真治,論文集「高専教育」第30号pp.527-53,2007
  • 岬沖海域における船舶運航の問題点に関する基礎的研究,小林豪,久保雅義,趙翼順,水井真治,笹健児,日本航海学会,第114号講演会論文集pp.1-7,2006
  • 来島海峡における送電線と小型船のレーダ反射信号の解析,山田多津人,水井真治,佐藤尚登,竹中康雄,日本航海学会,第115号講演会論文集pp.59-66,2006

国際会議(査読有)

  • Characteristics of Echo Fluctuation and Echo Paint from the Small FRP Boat on the Marine Radar Screen,山田多津人,月坂明弘,水井真治,庄司るり,2015 International Association of Institutes of Navigation World Congress Prague, Czech Republic, 20-23 October 2015
  • Echo Paint Characteristics of the Small FRP Boat on the Radar Screen,山田多津人,水井真治,月坂明広,中川義敦,Asia Navigation Conference 2013 Hosted by Korean Institute of Navigation and port Research,pp.461-467、2013
  • Signal Analysis of Radar Echoes from the Small FRP Boat,山田多津人,水井真治,月坂明広,清田耕司,Asia Navigation Conference 2012 Organized by Japan Institute of Navigationpp.145~151、2012
  • Signal Analysis of Radar Echoes from the Overhead Power Cable,山田多津人,水井真治,月坂明広,岩崎寛希,
  • Proceedings of the 21th International Offshore and Polar Engineering Conference,pp.715-721,2011
  • Conparison Analysis between Rader Echoes of Overhead Power Line and a Small Boat,山田多津人,水井真治,佐藤尚登,竹中康雄,IRS2207, CDpp.27-31,2007
  • A Study on Accuracy of the On-Air Acoustic Tide Gauge at Sea Areas with Large Tide Amplitudes,笹健児,水井真治,永井紀彦,他1名,Proceedings of the 17th International Offshore and Polar Engineering Conference,pp.2398-2404,2007
  • Basic Research on Operational Troubles Due to Abnormal Water Levels,笹健児,水井真治,永井紀彦,日比野忠史,Proceedings of the 15th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.3,pp.720-727,2005

著書

  • 舶の運用と管理,遠藤真,水井真治,他9数名, 海文堂書店全160
  • 船しごと、海しごと,遠藤真,水井真治,他10数名,海文堂書店全223頁
  • 海上貨物輸送論,久保雅義,水井真治,斎藤勝彦,浅木健司,笹健児,成山堂書店全164頁

学会発表

  • 橋梁のレーダ映像のマスキング特性とレーダ反射強度,住本幸也,水井真治,山田多津人,月坂明広,第134回講演会において発表,2016
  • 錨泊船舶の船内電源による陸上への給電システムの開発-システムの提案,河村義顕,岸拓真,南清和,増田光弘,大内一弘,水井真治,日本航海学会,第133回講演会において発表,2015
  • 島嶼地域における船舶を活用した大規模災害時の対応について,大野遼太郎,水井真治,辰己公朗,小林豪,第133回講演会において発表,2015
  • 船舶交通環境の新たな危険度評価に関する基礎的研究-Ⅰ.,月坂明弘,水井真治,庄司るり,山田多津人,日本航海学会,第132号講演会において発表,2015
  • 大規模災害時における錨泊船を用いた陸上への給電システムの提案,江種大宗,河村義顕,大内一弘,岸拓真,水井真治,日本島嶼学会,奥尻大会大会研究発表,2015
  • 島嶼地域における船舶を活用した大規模災害時の対応について,大野遼太郎,水井真治,他3名,日本島嶼学会五島大会発表,2014

学内紀要

  • 沿岸域における船舶を活用した大規模災害時の対応,水井真治、辰巳公朗、小林豪、大野遼太郎、他,広島商船高等専門学校紀要第38号CD版,2015
  • 船舶による車両荷役中の人身事故に関する基礎的研究,広島商船高等専門学校紀要第38号CD版,2015
  • 小型FRPボートのレーダ反射信号特性(-リフレクタ搭載・非搭載での比較ー),山田多津人、水井真治、大岩恭平、尾崎宏介,海上保安大学校研究報告理工系,平成26年度,第58巻,pp.15~23,2015

その他(図書の発刊)

  • 船舶の運用と管理,水井真治,遠藤真他9数名,海文堂書店全160頁,2012
  • 船しごと、海しごと,遠藤真,水井真治,他10数名,海文堂書店全223頁,2009
  • 海上貨物輸送論,久保雅義,水井真治,斎藤勝彦,浅木健司,笹健児,成山堂書店全164頁,2008

社会活動等

社会活動

  • 平成17年4月~社団法人 瀬戸内海海上安全協会,船舶の安全に関する調査研究の専門委員
  • 平成20年8月~大崎上島町地域協議会理事
  • 平成27年4月~大崎上島健康文化の島作り協議会,副会長

・例えば、瀬戸内海海上安全協会より委嘱された愛媛県九島架橋建設に伴う航行安全対策検討委員会の委員,2016年,瀬戸内海地域の船舶交通に関する安全諮問委員を務める。
・例えば、瀬戸内海海上安全協会より委嘱された上島架橋建設に伴う航行安全対策検討委員会の委員,2014年,瀬戸内海地域の船舶交通に関する安全諮問委員を務める。

クラブ顧問

漕艇部

部員総勢35名
主な試合:全国商船高等専門学校漕艇大会(7月),弓削商船高専との対抗戦,瀬戸内3商船高等専門学校漕艇大会新人戦などに出場。
2015年度及び2014年度は,全国商船高等専門学校漕艇大会で優勝