1. HOME
  2. 学科・専攻科
  3. 商船学科
  4. 雷 康斌

雷 康斌

教員紹介

氏名 / 英名 雷 康斌 / Kangbin Lei
学科 商船学科
職位 准教授
学位 博士(工学)
役職・委員 校長補佐(国際担当)、国際交流室長、寮務主事補、学生指導委員
専門分野 熱流体力学、数値流体力学(CFD)、油圧空気圧
担当教科

熱流体力学(3年)、流体機械Ⅰ(4年)、流体機械Ⅱ(5年)、混相流工学(専攻科)、冷凍空調工学(専攻科)、第二外国語(中国語)、基礎実習(1年)、機械工学実験実習(3年・4年)、卒業研究(5年)、特別研究(専攻科)

資格等
所属学会・協会 日本機械学会、日本流体力学会、日本計算工学会、国際計算力学協会(IACM)
TEL・E-mail (代表)0846-65-3101

担当科目と概要

熱流体力学工学(3年)

水や空気などの流体の流れがわれわれの生活に密接に関係しており、流れを取り扱う熱力学及び流体力学は日常生活や工学の広範囲の分野において重要である。本授業では、熱力学および流体力学に関わる基礎的な知識を習得し、現象を科学的に説明できることを目標とする。また、得られた知識・技術を活用して、熱機関および流体機械を運用管理するための基礎能力を習得することを目指す。

流体機械Ⅰ(4年)

流体機械は、液体、気体を扱う機械である。液体にエネルギーを与える機械にポンプがあり、液体のエネルギーを機械的仕事に変換する機械として油圧装置がある。気体にエネルギーを与える機械として送風機や圧縮機がある。本講義では流体機械のうちポンプについてその構造や運転法などについて学習するとともに、船舶で使用されるその他の重要補機について学習する。

流体機械Ⅱ(5年)

流体と機械の間でエネルギー変換をする装置である冷凍空調に関する基礎知識を習得し、船内の冷凍や空調に応用できるようにする。そのために授業では、冷凍サイクル、冷凍機の原理、冷媒・ブライン、冷凍機の応用からなる冷凍工学と空気調和の基礎となる空調工学について学習する。

混相流工学(専攻科)

混相流という気体、液体、固体という形態の異なる3つの状態の物質のうち、2つ以上の異なる状態の物質が互いに影響を及ぼし合いながら流れる現象に関する基礎的な知識について学習する。そして、この授業を通じて、舶用機関における混相流に関する分野に精通し、研究状況や技術動向を把握する能力を養うことを目標とする。

研究紹介

主な研究テーマ

  • 乱流中の微小粒子PMの挙動に関する研究
  • 風環境のシミュレーションに関する研究

キーワード

  • 乱流、混相流、微小粒子、排気ガス
  • 風環境、数値シミュレーション、流体構造連成解析

技術相談分野

  • 排気ガスや微粉炭燃焼等の固気混相流のシミュレーション
  • 市街地や建築物の室内外等の風環境の数値予測及び評価

利用可能な設備・資料等

研究内容
 <乱流中の微小粒子PMの挙動に関する研究>

概要

本研究は、船舶ディーゼル機関排ガスのPM低減を目指し、排気ガス中の微小粒子の乱流拡散と粒子の粒径、密度分布、滞留時間、堆積量等の挙動を解明すべく研究している。

特徴

微小粒子の発生や低減に関する研究が注目されるものの、 粒径1μm程度の個々の微小粒子運動に対する実験測定や数値シミュレーションも困難である。本研究では、固体微粒子と乱流とのSGS(Sub Grid Scale)乱れの非定常相互作用を考慮したLarge Eddy Simulation(LES)手法を駆使し、粒径1μm程度以下の微小粒子を研究対象とし、乱流中の微小粒子PMの挙動をシミュレーションで調査している。

成果

現在、微小固体粒子の乱流拡散について、固体粒子が乱流の特定の領域に集積し、粒子の数密度分布が粒子緩和時間に大きく依存することを確認した。特に緩和時間の小さい微小粒子(2μm Locopodium)の数密度分布は、壁付近では、従来の認識と異なる新しい知見を得た(Progress in Computational Fluid Dynamics,8-7/8,2008)。

研究内容
 <OpenFOAMによる大崎上島の風環境シミュレーショ>

概要

本研究は、島のまわりの濃霧生成メカニズムの解明や風環境の評価予測を目指して、OpenFOAMを用いて大崎上島の風環境のコンピュータシミュレーションを試みた。

特徴

計算対象の大崎上島まわりの流れ場は、国土地理院が公開した国土電子地図の3次元地形STLデータを使用して格子生成をした。計算の境界条件は、気象庁の実際の天気予報の風速から与えた。流れ場のシミュレーションは、オープンソースソフトウェアのOpenFOAM(Field Operation And Manipulation)を使用しているため、今後、高専の特別研究に導入することが可能だと考える。

成果

下図は2016年7月14日に神峰山を流れる風の速度分布と計算格子の断面図であり、色は風速の大きさ(m/s)を示す。山の真上は風が強く、山の背面に負圧と伴う低速領域が生じたことが分かった。本研究成果は2016年9月3日に開催される日本島嶼学会大崎上島大会で発表する予定である。

業績

論文(査読有)

  • Wei Wei, Gu Zaolin, Wang Sheng, Zhang Yunwei, Lei Kangbin, and Kase Kiwamu, "Numerical simulation of the cone-jet formation and current generation in electrostatic spray-modeling as regards space charged droplet effect", Journal of Micromechanics and Microengineering, Volume 23, Issue 1, January 1, 2013, 015004.
  • Xilian Luo, Zaolin Gu, Kangbin Lei, Sheng Wang and Kiwamu Kase, "A three-dimensional Cartesian cut cell method for incompressible viscous flow with irregular domains", International Journal for Numerical Methods in Fluids, 2012, 69 (12): 1939-1959.
  • Wang Sheng, Luo Xilan., Lei Kangbin., Gu Zaolin and Kase Kiwamu, "Viscous micropump simulation by particle / continuum methods". Journal of Shanghai Jiaotong University (Science), 2011, 16 (3), 364-367.
  • Xilian Luo, Kangbin Lei, Zhaolin Gu, Sheng Wang and Kiwamu KASE, "A novel Cartesian cut cell solver for incompressible viscous flow in irregular domains.", International Journal for Numerical Methods in Fluids, 2011, 67 (3): 289-313.
  • Zhaolin Gu, Yunwei Zhang and Kangbin Lei, "Large eddy simulation of flow in a street canyon with tree planting under various atmospheric instability conditions", SCIENCE CHINA Technological Sciences (Science in China Series E), 2010, 53(7):1928-1937.
  • Luo Xilian, Gu Zhaolin, Lei Kangbin and Kase Kiwamu, "A Novel Discretization method for the Incompressible N-S Equations on Three-dimensional Cartesian Cut Cell Method", Journal of Xi'an Jiaotong University, 2010, 44(5):15-20.
  • Luyi Lu, Zhaolin Gu, Kangbin Lei, Sheng Wang and Kiwamu Kase, "An efficient algorithm for detecting particle contact in non-uniform size particulate system", Particuology, Vol.8, Issue 2, 2010, 127-132.
  • Sheng Wang, Kangbin Lei, Xilian Luo, Zhaolin Gu and Kiwamu Kase, "Effect of boundary conditions on the performances of gas-lubricated micro journal bearing", IOP Conference Series : Materials Science and Engineering. doi:10.1088/1757-899X/10/1/012179, 2010, 1.
  • 浅木裕隆, 福田武司, 雷康斌, 王盛, 加瀬究, 本多善太郎, 鎌田憲彦, 朱正明, 山形豊,「静電塗布法の噴射領域の制御技術」, 電子情報通信学会技術研究報告.OME, 有機エレクトロニクス, 110巻, 243号, 1-4, 2010.
  • Luyi Lu, Zhaolin Gu, Kangbing Lei, "An inter-particle contact area and time restoration for softening treatment in thermal discrete element modeling", Europhysics Letters (EPL: a letters journal exploring the frontiers of physics), Vol.87, No.4, 44004, 2009, 1-4.
  • Luo Xilian, Gu Zhaolin, Lei Kangbin and Kase Kiwamu, "An Adaptive Cartesian Grid Method for the Incompressible Navier-Stokes Equations", Journal of Xi'an Jiaotong University, Vol.43, No.11, 2009, 11-17.
  • Luo Xilian, Gu Zhaolin, Lei Kangbin, Wang Sheng and Kase Kiwamu, "Solution of N-S Equations Based on Quadtree Cut Cell Method", Science in China Series G, 52(6), 2009, 877-884.
  • Sheng Wang, Hisashi Ninokata, Elia Merzari, Kangbin Lei, Xilian Luo, Luyi Lu and Kiwamu Kase, "Numerical study of a single blade row in turbomolecular pump", Vacuum, Vol.83, No.8, 2009, 1106-1117.
  • Kangbin Lei, Kiwamu Kase, Nobyuki Oshima and Toshio Kobayashi, "Solid particle distribution in particle-laden turbulent channel flows", Progress in Computational Fluid Dynamics (PCFD), Vol.8, No.7/8, 2008, 413-423.
  • Lu Luyi, Gu Zhaolin, Luo Xilian, Lei Kangbin, "An Electrostatic Dynamic Model for Wind-Blown Sand Systems", Acta Physica Sinica, Vol.57, No.11, 2008, 255-261.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流における固体粒子の密度分布」,日本流体力学会誌「ながれ」,第23巻,第5号,385-393,2004.
  • 雷康斌,岩田正子,姫野龍太郎,「ボクセル法による流体構造連成解析」,日本機械学会論文集(A編),70巻691号,434-441,2004.
  • 岩田正子,雷康斌,姫野龍太郎,「直交4分木格子を用いた熱流体数値計算(物理量勾配に応じたrefiningとcoarseningによるリメッシュ)」,日本機械学会論文集(A編),70巻691号, 449-455,2004.
  • 雷康斌,岩田正子,野田茂穂,姫野龍太郎,「カットセル直交等間隔格子による非圧縮粘性流れのシミュレーション(V-CADデータを直接利用する任意形状流れ場の数値解析)」,日本機械学会論文集(B編),69巻682号,1333-1340,2003.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「ダイナミック Random Walk SGSモデルの提案(固気混相乱流のLESにおける粒子運動に及ぼす気体SGS成分の影響)」,日本機械学会論文集(B編),69巻681号,1073-1080,2003.
  • 姫野龍太郎,岩田正子,雷康斌,「ボクセル法による流体解析とその改良」,計算工学,Vol.8, No.4, 22-25, 2003.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「ダイナミック SGS モデルによる固気混相乱流のFULL WAY COUPLING LESの構築」,日本機械学会論文集(B編),68巻666号,352-359,2002.
  • Kangbin Lei, Nobuyuki Taniguchi and Toshio Kobayashi, "Large Eddy Simulation of Particle-Laden Turbulent Channel Flow Considering SGS Coupling(A Proposal of Dynamic SGS Model for Two-Way Coupling)", JSME International Journal Series B, Special Issue on Advanced Fluid Information-CFD, Vol.45, No.1, 2002, 164-173.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「SGS成分のCouplingを考慮した固気混相チャネル乱流のLES(ダイナミック SGSモデルの提案)」,日本機械学会論文集(B編),66巻651号,2807-2814,2000.
  • Yan Xiangan, Zheng Wei, Lei Kangbin, Cao Yuping, "Frequency Domain Analysis and Computer Simulation of Pressure Pulsation Resonance in High Pressure Piping Network", Chinese Journal of Mechanical Engineering, Vol.7, No.1, 1994, 40-48.

国際会議(査読有)

  • Kangbin LEI, Xilian LUO, Sheng WANG, Zhaolin Gu, and Kiwamu KASE, "A Novel Cartesian Cut Cell Method for Incompressible Viscous Flows in Irregular Domains", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM/APCOM 2010), Fluid Mechanics Minisymposia(MS4011): Novel Numerical Methods for Computational Fluid Dynamics, Keynote Speech, 19-23, July 2010, Sydney, Australia.
  • Sheng WANG, Kangbin LEI, Xilian LUO, Zhaolin Gu, and Kiwamu KASE, "Effect of Boundary Conditions on the Performances of Micro-Gas Bearings with Different Temperatures", 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM/APCOM 2010), 19-23, July 2010, Sydney, Australia.
  • Sheng Wang, Xilian Luo, Kangbin Lei, Zhaolin Gu, Kiwamu Kase: "Viscous micropump simulation by particle/continuum methods", 4th International Conference on Thermal Process Modeling and Computer Simulations, 31 May-2 June 2010, Shanghai, China.
  • Kangbin LEI, "A new dynamic SGS model for turbulent transport of particulates in LES", International Symposium on Multiphase Flow in Atmospheric Boundary Layer: Wind Erosion, Dust Storms, Sand Saltation & Snow Drift, Invited Speech, October 16-18, 2009, Lanzhou University, Lanzhou, China.
  • Kangbin LEI, Sheng WANG,, Kiwamu KASE, "Full way coupling of large eddy simulation for particle-laden turbulent flows", 2009 International Conference on Advances in Construction Machinery and Vehicle Engineering (CACMVE09), Keynote Speech, August 21-23, 2009, Jilin University, Changchun, China.
  • Sheng WANG, Kangbin LEI, Xilian LUO, Kiwamu KASE, Elia Merzari, Hisashi Ninokata, "Cylindrical Couette flow of a rarefied gas from macro- to micro-scales", 2009 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting (FEDSM2009), August 2-6, 2009, Vail, Colorado, USA, FEDSM2009-78359
  • Sheng WANG, Kangbin LEI, Xilian LUO, Kiwamu KASE, Elia Merzari, Hisashi Ninokata, "Simulation of eccentric-shaft journal microbearing by DSMC", 2009 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting(FEDSM2009), August 2-6, 2009, Vail, Colorado, USA, FEDSM2009-78572.
  • Luyi LU, Zhaolin GU, Kangbin LEI, Kiwamu Kase, "Numerical simulation of contact heat transfer between particles by TDEM", 6th International Symposium on Multiphase Flow, Heat Mass Transfer and Energy Conversion (ISMF2009), July 11-15, 2009, Xi'an, China.
  • Sheng Wang, Kangbin Lei, Xilian Luo, Kiwamu Kase, "Development of Two-Dimensional DSMC under VCAD Framework", 1st African Conference on Computational Mechanics (AfriCOMP 2009), 7-11 January, 2009, Sun City, South Africa
  • Xilian LUO, Kangbin LEI, Zhaolin GU, Kiwamu KASE, "A Pressure Based Cartesian Cut Cell Method for Incompressible Viscous Flow", ICCES Special Symposium on MESHLESS METHODS (ICCES MM2008), 13-17, Oct 2008, Suzhou, China.
  • Kangbin LEI, Kiwamu KASE, Nobyuki OSHIMA and Toshio KOBAYASHI, "Solid Particle Distribution in Particle-laden Turbulent Flows", 2007 Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT07), October 17-21, 2007, Xi'an, China.
  • Kangbin LEI, Kiwamu KASE, Nobyuki OSHIMA and Toshio KOBAYASHI, "A Disperse-Phase Dynamic SGS Coupling Model for Particle-laden Turbulent Flows", 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference (FEDSM2007), July 30-August 2, 2007, San Diego, California, USA.
  • Kangbin LEI, Masako IWATA and Ryutaro HIMENO, "Simulation of Fluid-Structure Interaction Using Cartesian Grid with Cut Cells", Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM VI in conjunction with APCOM'04), Invited Speech, 5-10, September 2004, Beijing, China.
  • Kangbin LEI, Nobuyuki TANIGUCHI and Toshio KOBAYASHI, "A New Dynamic SGS Model for Large Eddy Simulation of Particle-Laden Turbulent Flows", The Third AFOSR (the US Air Force Office of Scientific Research) International Conference on Direct Numerical Simulation and large Eddy Simulation, No.34, 5-9, August 2001, University of Texas at Arlington, Arlington, Texas, USA.
  • Kangbin LEI, Nobuyuki TANIGUCHI and Toshio KOBAYASHI, "Full Way Coupling of Large Eddy Simulation for Particle-Laden Turbulent Flows Using New Dynamic SGS Models", The Second International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena (TSFP-2), Volume 2, No.15, 27-29, June 2001, KTH, Stockholm, Sweden.
  • Nobuyuki TANIGUCHI, Keizo TAKENAKA, Kangbin LEI and Toshio KOBAYASHI, "Evaluation of subgrid scale models for the large eddy simulation of particle-laden turbulent flows", The 3rd ASME/JSME Joint Fluids Engineering Conference, 18-23, July 1999, San Francisco, California, USA, FEDSM99-7870.

学会発表

  • Kanau Assano,Masao Kikuike,Kangbin Lei,"Simulation of Thermal Fluid in Boiler Furnace using OpenFOAM", The 2nd NIT-NUU Bilateral Academic Conferences 2018, 21 July, 2018, Okayama,Japan
  • 雷康斌,郭陽,大山博史,水井真治, "OpenFOAMによる大崎上島の風環境シミュレーション", 2016年次日本島嶼学会大崎上島大会, 2016年9月3日, 広島県大崎上島.
  • 呉琼,崔蘊博,王俊,雷康斌,趙希禄, "洋上プラントの振動特性に関する研究", 第 19 回日本計算工学講演会, 2014 年 6 月 11 日‐13 日, 広島国際会議場.
  • Kangbin LEI, Xilian LUO, Masataka Fukui: "Wind Environment Simulation using V-Flow3D" RIKEN Symposium on VCAD System Research 2010-The Future of VCAD. 2-3, March 2011, RIKEN, Wako, Japan
  • Sheng WANG, Xilian LUO, Kangbin LEI, Kiwamu KASE: "Development of Three-Dimensional DSMC under VCAD" RIKEN Symposium on VCAD System Research 2010-The Future of VCAD. 2-3, March 2011, RIKEN, Wako, Japan
  • Wei WEI, Sheng WANG, Kangbin LEI, Kiwamu KASE: "Numerical simulation of the deposition pattern in electrostatic spray deposition method" RIKEN Symposium on VCAD System Research 2010-The Future of VCAD. 2-3, March 2011, RIKEN, Wako, Japan
  • 浅木裕隆, 福田武司, 雷康斌, 王盛, 加瀬究, 本多善太郎, 鎌田憲彦, 朱正明, 山形豊, 「静電塗布法の噴射領域の制御技術」 , 電子情報通信学会有機エレクトロニクス研究会 (OME), 2010 年 10 月 22 日, NTT 武蔵野研究開発センター
  • 雷康斌, 羅昔聯, 今井登, 王盛, 手嶋吉法, 加瀬究, 「CAD を直接用いた流体解析ソフト ウェア V-Flow3D」 , 第 15 回日本計算工学講演会, 2010年5月26日-28 日, 九州大学医学部百年講堂.
  • Sheng Wang, Kangbin Lei, Xilian Luo, Kiwamu Kase,, "V-DSMC and Its Applications to MEMS", 理研シンポジウムVCADシステム研究2009, 2010年3月4-5日, 理化学研究所
  • 雷康斌, 羅昔聯, 今井登, 王盛, 加瀬究, 「非構造格子を用いた V-Flow3D の開発」, 理 研シンポジウム VCAD システム研究 2009, 2010 年 3 月 4-5 日, 理化学研究所
  • Xilian LUO, Zhaolin GU, Kangbin LEI, Kiwamu KASE, "Solution of N-S Equations Based on Three-Dimensional Cut Cell Method", China Congress on Theoretical and Applied Mechanics 2009(CCTAM2009), August 24-26, 2009, Zhengzhou University, Zhengzhou, China.
  • Luyi LU, Zhaolin GU, Kangbin LEI, "Numerical Simulation of the Triboelectric Behavior in Wind-blown Sand System", China Congress on Theoretical and Applied Mechanics 2009 (CCTAM2009), August 24-26, 2009, Zhengzhou University, Zhengzhou, China.
  • 雷康斌, 羅昔聯, 真板育海, 加瀬究, 「V-Flow の開発」,第 13 回日本計算工学会講演会, 2008 年 5 月 19-21 日,仙台市民会館.
  • Xilian Luo, Kangbin Lei, Zhaolin Gu, Sheng Wang, Luyi Lu, Kiwamu Kase,, "Development of V-Flow Using Structured/Unstructurecd Hybrid Grid", 理研シンポジウムVCADシステム研 究 2008, 2008 年 11 月 6-7 日, 理化学研究所
  • Sheng Wang, Kangbin Lei, Xilian Luo, Luyi Lu, Kiwamu Kase,, "Development of Two-Dimensional DSMC under VCAD", 理研シンポジウム VCAD システム研究 2008, 2008 年 11 月 6-7 日, 理化学研究所
  • 雷康斌, 羅昔聯, 魯録義, 王盛, 真板育海, 加瀬究, 「カットセルに基づく V-Flow の開 発」,理研シンポジウム VCAD システム研究 2008, 2008 年 11 月 7 日, 理化学研究所
  • 雷康斌, 「VCAD ソフトウェアデモンストレーション-V-Flow(VCAD を直接用いた流 体解析)」, 理研シンポジウム VCAD システム研究 2008, 2008 年 11 月 6-7 日, 理化学研究所
  • 雷康斌,真板育海,加瀬究,「V-Flow2D Version 3.0」, 理研シンポジウム VCAD システ ム研究 2007, 2007 年 10 月 17-18 日, 理化学研究所
  • 雷康斌,「 VCAD による流体構造連成シミュレーション」,理研シンポジウム VCAD シ ステム研究 2006,2006 年 10 月 18-19 日,理化学研究所
  • 雷康斌,手嶋吉法,「VCAD による非圧縮性粘性流体のシミュレーション」,第 19 回数 値流体力学シンポジウム講演要旨集,2005 年 12 月 13-15 日,国立オリンピック記念青 少年センター
  • 雷康斌,「 3 次元カットセル法による非圧縮性粘性流体計算」,日本機械学会 2005 年度 年次大会,2005 年 9 月 19-22 日,電気通信大学
  • 雷康斌,「 VCAD に基づく 3 次元カットセル法の開発」,理研シンポジウムものつくり 情報技術統合化研究第5回,2005年6月9-10日,理化学研究所
  • 雷康斌,「カットセル版熱流体解析ソフト V-FLOW2D」,理研シンポジウムものつくり 情報技術統合化研究第 4 回,2004 年 7 月 27 日,東京国際フォーラム
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流における固体粒子の数密度分布」,第 17 回数値流体力学シンポジウム,2003年12月17-19 日,国立オリンピック記念青少年セ ンター
  • 雷康斌,岩田正子,姫野龍太郎,「カットセルを使った 2 次元流体・構造連成解析」, 日本機械学会・第 16 回計算力学講演会,2003年11月22-24日,神戸大学工学部
  • 雷康斌,岩田正子,姫野龍太郎,「ボクセル版流体解析ソフト V-FLOW の開発」,理研 シンポジウムものつくり情報技術統合化研究第 3 回,2003年7月17-18日,理化学研究所
  • 岩田正子,雷康斌,姫野龍太郎,「オクツリー版熱流体解析」,理研シンポジウムもの つくり情報技術統合化研究第3回,2003年7月17-18日,理化学研究所
  • 姫野龍太郎,雷康斌,岩田正子,「直交格子法流体解析による製品機能シミュレーショ ン」,理研シンポジウムものつくり情報技術統合化研究第 3 回,2003 年 7 月 17-18 日, 理化学研究所
  • 雷康斌,岩田正子,姫野龍太郎,「カットセル直交格子に基づいた流体解析汎用ソフト ウェア V-FLOW の開発」,日本機械学会 2003年度年次大会,2003年8月5-8 日,徳島大学
  • 岩田正子,雷康斌,姫野龍太郎,「直交適合格子を用いた熱流体数値計算(物理量勾配 に応じた粗密リメッシュ)」,日本機械学会2003年度年次大会,2003年8月 5-8 日,徳島大学
  • 雷康斌,谷口伸行,姫野龍太郎,小林敏雄,「固気混相乱流における分散相ダイナミッ ク SGS モデル」,第 52 回理論応用力学講演会(NCTAM 2003),2003年1月28-30 日, 日本学術会議
  • 雷康斌,岩田正子,野田茂穂,姫野龍太郎,「カットセル直交格子による流体構造連成 解析」,第 16 回数値流体力学シンポジウム,2002 年12月16-18 日,国立オリンピック 記念青少年センター
  • 雷康斌,岩田正子,野田茂穂,姫野龍太郎,「ボクセル法を使った任意形状流れ場のシミュレーション」,日本機械学会第 15 回計算力学講演会,2002年11月2-4日,鹿児島 大学工学部
  • 雷康斌,岩田正子,野田茂穂,姫野龍太郎,「V-CAD データを直接利用する二次元の任 意形状流れ場の数値解析」,理研シンポジウムものつくり情報技術統合化研究第2回, 2002年9月18-19 日,理化学研究所
  • 岩田正子,雷康斌,姫野龍太郎,「直交アダプティブメッシュを用いた熱流体数値計算」, 理研シンポジウムものつくり情報技術統合化研究第2回,2002年9月18-19 日,理化学研究所
  • 岩田正子,雷康斌,姫野龍太郎,「適合直交四分木格子を用いた二次元流体解析―円柱 周りの流れのケーススタディー」,理研シンポジウムものつくり情報技術統合化研究第1回,2001年12月5-6 日,理化学研究所
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流の Full Way Coupling LES に及ぼす補間精度の影響」,日本混相流学会年会講演会 2001,2001 年 7 月 12‐13 日,北九州国際会議場
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相チャネル乱流における粒子の数密度分布」, 日本機械学会関東支部第 7 期総会講演会,2001年3月16‐17日,東京農工大学
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「Full Way Coupling 法による固気混相乱流の LES」,第 16 回生研 NST (Numerical Simulation of Turbulence) シンポジウム,2001年3月2日,東京大学生産技術研究所
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流の LES における粒子運動に与える気体 SGS 成分の影響」,第14回数値流体力学シンポジウム,2000年12月21‐23日,中央大学.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流の Two Way Coupling LES における Dynamic SGS モデルの提案」,日本機械学会 2000 年度年次大会,2000年8月3日,名城大学
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相チャネル乱流のFour Way Coupling Dynamic LES」, 日本流体力学学会 2000 年度年会・第 32 回乱流シンポジウム,2000年7月26日,京都大学
  • 雷康斌,竹中啓三,谷口伸行,小林敏雄,「ダイナミック LES による固気混相乱流の解析」,第12回数値流体力学シンポジウム,1998 年12月 21‐23日,中央大学

学内紀要

  • 武山哲,大山博史,濱田朋起,雷康斌,重岡洋平,高橋良幸,「ディーゼル機関の噴射特性が出力・燃費・排気に及ぼす影響の研究 」,広島商船高等専門学校紀要,第40号,167-172,2018.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流における粒子の数密度分布と乱れの空間構造」,生産研究,第53巻,第1号,乱流の数値シミュレーション特集,25-30,2001.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流のLESにおける粒子運動に対する気体SGS成分の影響」,生産研究,第52巻,第11号,52-55,2000.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「粒子間衝突を考慮した固気混相チャネル乱流のLES」,生産研究,第52巻,第8号,32-35,2000.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流のTwo Way Coupling LESにおけるDynamic SGSモデルの提案」,生産研究,第52巻,第4号,31-34,2000.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「固気混相乱流のTwo Way Coupling LESにおけるSGSモデルの改良」,生産研究,第52巻,第4号,8-11,2000.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「Two Way Couplingによるチャネル固気混相乱流のLES」,生産研究,第52巻,第1号,乱流の数値シミュレーション特集,59-62,2000.
  • 雷康斌,谷口伸行,小林敏雄,「One Way Couplingによるチャネル固気混相乱流のDynamic LES」,生産研究,第51巻,第1号,乱流の数値シミュレーション特集,49-52,1999.

招待講演

  • 雷康斌,「乱流中の微粒子挙動をコンピュータシュミレーションで解明する」,広島県商工労働局 Innovation Patluck #5,イノベーション・ハブ・ひろしま Camps,2018年5月25日.
  • Kangbin LEI, "Introduction to VCAD and V-Flow", College of Engineering and Technology, Southwest University, Chongqing, China, December, 11, 2013.
  • Kangbin LEI, "LES of Turbulent Flows and Applications in Vehicle Design", College of Electrical and Mechanical and Automotive Engineering, Chongqing Jiaotong University, Chongqing, China, , December, 10, 2013.
  • 雷康斌,「VCADシステムと乱流のシミュレーション」,埼玉工業大学先端科学研究所,埼玉県深谷市,2012年8月23日.
  • Kangbin LEI, "A New Dynamic SGS Model in turbulent transport of particulates", School of Mechanical and Automotive Engineering, South China University of Technology, Guangzhou, China, October 14, 2009.
  • Kangbin LEI, "A New SGS Model for Particle-Laden Turbulent Flows", State Key Laboratory of Severe Weather (LaSW), Chinese Academy of Meteorological Sciences, Beijing, China, September 24, 2009.
  • Kangbin LEI, "A New SGS Model for Particle-Laden Turbulent Flows", Department of Engineering Mechanics, School of Aerospace, Tsinghua University, Beijing, China, September 23, 2009.
  • Kangbin LEI, "Recent Progress on Computational Fluid Dynamics in Japan", Institute of Mechanical Science and Engineering, Jilin University, Changchun, China, August 20, 2009.
  • Kangbin LEI, "Full Way Coupling of Dynamic Large Eddy Simulation for Particle-laden Turbulent Flows", School of Mechanical Engineering, Tianjin University, Tianjin, China, March 13, 2009.
  • Kangbin LEI, "Simulation of Fluid Flows around Arbitrary Geometries using VCAD", School of Mechanics and Engineering, Southwest Jiao-Tong University, Chengdu, China, October 19, 2008.
  • Kangbin LEI, "Dynamic SGS Model for Large Eddy Simulation of Particle-laden Turbulent Flows", Department of Modern Mechanics, University of Science and Technology of China (USTC), Hefei, China, October 16, 2008.
  • Kangbin LEI, "Large Eddy Simulation of Particle-laden Turbulent Flows", CFD & NHT Research Center, School of Energy and Power Engineering, Xi'an Jiao-Tong University, Xi'an, China, October 20, 2007.
  • Kangbin LEI, "Simulation of Fluid Flows based on VCAD", School of Human Settlements and Civil Engineering, Xi'an Jiao-Tong University, Xi'an, China, June 18, 2007.
  • Kangbin LEI, "Dynamic SGS Model for Large Eddy Simulation of Turbulent Flows", School of Human Settlements and Civil Engineering, Xi'an Jiao-Tong University, Xi'an, China, June 15, 2007.
  • Kangbin LEI, "Japan, RIKEN, Nobel Prizes", School of Human Settlements and Civil Engineering, Xi'an Jiao-Tong University, Xi'an, China, June 13, 2007.
  • 雷康斌,「VCADで流れをシミュレーションする」,NPO法人学術研究ネットセミナー,東京芸術劇場,2005年11月26日.
  • Kangbin LEI, "Large Eddy Simulation for Turbulent Flows", Department of Mechanics and Engineering Science, Fudan University, Shanghai, China, 18, April 2005.

その他(書籍・特許・知的財産)

  • 雷康斌共著,商船高専海技試験問題研究会編,「海技士4E解説で分かる問題集」,2017年5月25日,海文堂出版発行.
  • 雷康斌共著,商船高専海技試験問題研究会編,「海技士3E解説で分かる問題集」,2015年11月25日,海文堂出版発行.
  • Kangbin LEI(Co-author), Chaoqun LIU, etc., "DNS/LES - Progress and Challenges", Greyden Press, 335-342, 2001.
  • 雷康斌, 羅昔聯, 今井登, 王盛, 加瀬究,「3次元非圧縮性粘性流体解析方法・装置及びプログラム」, 日本特許,2014年4月11日, 特許第5516949号.
  • 雷康斌,岩田正子,姫野龍太郎,加瀬究,「VCADデータを直接用いた非圧縮性粘性流体の流れ場の数値解析方法と装置」,日本特許,2010年1月22日,特許第4442765号.
  • Kangbin LEI, Masako IWATA, Ryutaro HIMENO and Kiwamu KASE, "Method and Device for Numerical Analysis of Flow Field of Incompressible Viscous Fluid Directly using V-CAD Data ", United States Patent, (Sep. 30, 2008), Patent No. US7430500B2.
  • 雷康斌,羅昔聯, 今井登, 王盛, 加瀬究,「流体解析汎用ソフトウェアV-Flow3D Version 1.0」,独立行政法人理化学研究所VCADシステム研究プログラム一般公開配布, 2010年3月15日, 著作物登録番号(SOFTIC Registered Number)P第 9798号-1 (2010).
  • 雷康斌,真板育海,加瀬究,「流体解析汎用ソフトウェアV-Flow2D Version 3.0」,独立行政法人理化学研究所VCADシステム研究プログラム一般公開配布, 2008年1月9日, 著作物登録番号 (SOFTIC Registered Number)P第9306号-1 (2008).

社会活動等

社会活動

クラブ顧問

バレーボール部

部員総勢30名, 毎週月~金に第1、2体育館にて練習.
尾三地区高校総体予選,広島県総体,弓削戦,中国地方高専大会,尾三地区新人戦予選,尾三地区1・2年生大会などに出場.