1. HOME
  2. JABEEプログラム

JABEEプログラム

JABEE

本校では、2013年度からJABEEプログラムを導入しています。

「JABEE」とは

大学課程(高専では、本科課程4・5年及び専攻科2年課程)の技術者教育プログラムを日本技術者教育認定機構(JABEE)が評価・認定する制度で、基礎学力と専門知識に加え、技術者としての素養を身につけ、創意工夫しながら知識・技術を活用できる資質・能力を有する人材の養成を目的としています。JABEEプログラムを修了すると、国際的に認められる技術者となります。

本校「JABEEプログラム」の目的

本プログラムの目的は、次に示す目標の達成を目指すことです。

  • 高い倫理及び高度な知識・技術を有し、国際社会で活躍できる人材の育成
  • 変遷する学生及び社会のニーズを反映した教育
  • ハード・ソフト両面での教育の質の向上と改善

本校JABEEプラグラムの名称「電気電子工学プログラム」

本校のJABEEプログラムは電子制御工学科及び産業システム工学専攻の両課程に適用し、その名称は「電気電子工学プログラム」です。
なお、本校には商船学科及び流通情報工学科もあります。商船学科は船員教育に関する国際基準STCWの認定を受けています。また、流通情報工学科はJABEEに対応する分野はありません。これらの2学科及び関係専攻では、JABEE認定は受けませんが、JABEEの目的に沿った教育システムを適用します。

本プログラムによって養成する技術者像

本プログラムでは、JABEEが目的とする技術者としての素養を身につけるとともに、電気、電子および制御に関わる高度な知識・技術を持ち、電気・電子機器、制御機器をはじめシステムの技術開発や管理ができる技術者を目指します。

  • 電気・電子、機械、計測、制御、情報などの電子制御分野に加え、安全、環境、社会工学分野の知識・技術を修得し、電気・電子機器、制御機器をはじめシステムの開発や運用能力を身につけます。
  • 変化する社会や産業の状況を把握して課題を発見し、その解決策を計画して実行するとともに、その結果を検証する能力を身につけます。

JABEEプログラムと本科・専攻科との関係

JABEE構成図

JABEE図80.gif

JABEE学習・教育目標

JABEEプログラムの学習・教育目標

「電気電子工学プログラム」の学習教育目標は以下の通りです。

豊かな人間性と社会的責任感の育成(人間性と社会貢献)

  1. 歴史や文化、経済などのさまざまな知識を修得し、自身の価値観だけでなく多様な視点や価値観から物事を考えることができること。
  2. 周囲と協力して作業を進めるためのリーダーシップや協調性を身につけること。
  3. 安全や文化、環境、倫理等の観点から社会と技術の関わり方を考慮し、技術者として責任ある判断力と行動力を身につけること。

国際社会に対応したコミュニケーションスキルの養成(コミュニケーション能力)

  1. 日本語による適切な表現を用いて、論理的な記述や口頭発表、および討論ができること。
  2. 外国語を用いて、技術的な内容についての文書作成や、口頭での意思伝達ができること。

基礎科学と情報技術の修得とその活用(知識・技術とその活用)

  1. 数学や自然科学に関する知識から自然現象を科学的に理解するとともに、実践に際してそれらを活用できること。
  2. 情報技術を活用して、必要な情報の検索や収集、データ分析をすることができること。

専門的知識・技術の確立と発展的応用(専門性とその拡充)

  1. 電子制御工学、の専門分野に精通し、その分野の研究状況や技術動向を把握することができること。
  2. 自身の専門とは異なる技術分野も学習し、既得の専門分野の技術と融合させ、新たなものづくりやシステム開発に活用できること。

社会情勢の変化に対応した問題解決能力の育成(創造性と探求心)

  1. 社会や産業の状況を把握し、問題点とその原因を発見できる能力を身につけること。
  2. 種々の知識と技術を活用し、問題の解決策を見つけて実行に移すとともに、その結果を検証する能力を身につけること。
  3. 変化する社会に対応するため、新たな知識や技術、情報を自発的かつ継続的に獲得する能力を身につけること。