1. HOME
  2. 学校紹介
  3. 校長挨拶

校長挨拶

ごあいさつ

sho-279.jpg
校長 工学博士
辻 啓介

 本校は、明治31年(1898年)5月10日、広島県豊田郡の東野村、大崎中野村、西野村、大崎南村、御手洗町、大長村、久友村、豊浜村、木谷村、吉名村、田野浦村、佐江崎村、須波村の13か町村組合立芸陽海員学校として開校しました。その後、忠海町、大乗村、瀬戸田町、西生口村、東生口村、南生口村、北生口村、名荷村、高根島村、鷺浦村が町村組合に加わり、明治32年5月17日に芸陽商船学校と校名を変更しました。

 創立以来、幾多の学校名と教育体制の変遷を経てきましたが、戦後、昭和26年に学制改革に伴って文部省所管の国立広島商船高等学校となり、座学の3年と海技免状取得のための乗船実習を含む専攻科2年の、通算5年制の商船教育の体制が取られました。昭和37年に5年制の工業系の高等専門学校が開設されると、全国の商船学校卒業生組織である「全国商船学校十一会」(現全日本船舶職員協会)を中心に、関係者による「商船高専昇格」を国に陳情、昭和42年には他商船系高専とともに修業年限5年6か月の国立広島商船高等専門学校に昇格しました。

 長きにわたり、船員養成に特化してきましたが、社会情勢の変革により、昭和60年には、2学級あった航海学科の1学級を流通情報工学科へ改組、更に昭和63年には、航海学科と機関学科を、航海・機関の1コースを有する商船学科へ改組すると同時に電子制御工学科を設置しました。これは、原材料を輸入し、製品の輸出をする海運を担う人材を養成する商船学科、日本のものづくりを支える人材を養成する電子制御工学科、その間のものの流れを管理・経営する人材を養成する流通情報工学科の3学科体制になり、まさしく、周囲を海に囲まれた加工貿易国である我国を支える人材を養成する高等専門学校となりました。

 平成16年、独立行政法人国立高等専門学校機構広島商船高等専門学校に移行し、平成17年に、5年の本科教育に加えて、プラス2年の専攻科、海事システム工学専攻と産業システム工学専攻の2専攻を有する高等教育機関として発展し、現在まで、その体制を維持しております。

 本校では、教室での講義に加えて、実験・実習・実技の体験学習を重視したきめ細かい教育システムにより、豊かな人間力および高い知識・技術力を併せ持つ実践的技術者の育成を行っています。本科課程卒業生および専攻科課程修了生は社会の様々な分野で活躍しており、特に目の前の課題を克服するチャレンジ精神と努力は、実践力のある技術者として実業界から極めて高い評価を受けています。この評価は、歴代の学生諸君のチャレンジ精神と努力の継続により築かれたものです。先輩に倣い、本校は今後も、現役学生諸君はもちろん、これから高専を目指す人のチャレンジ精神を心から歓迎し、今後の21世紀の時代に相応しい学校となるために、本校教職員は一丸となって努力しています。関係者の方々のご協力とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。